メインイメージ

資金計画が大切

注文住宅を神奈川に建てるならゆとりある資金計画が大切


神奈川県に注文住宅を建築することを決めたなら、次に決めるのは資金計画です。将来の人生を決めてしまうほどの意味を持つ計画ですから、慎重に決めていかなければいけません。資金計画を決める前には、注文住宅に必要な費用の内訳を調べておきましょう。

設計費や本体工事費、付帯工事費、諸費用などが、注文住宅を建築するためには必要です。注文住宅の場合には土地も購入しなければいけないので、土地の購入費や諸費用も必要になります。

また、注文住宅を建築した後に必要な引っ越し代やインテリアに関する費用なども、忘れてはいけません。分譲住宅とは違って、注文住宅に必要な費用の内訳は、複雑になっています。

どのような費用が必要か調べたら、次は用意できる頭金についてです。注文住宅の頭金は、多ければ多いほど良いです。しかし、預貯金から頭金を捻出する場合、預貯金の全てを頭金にしてはいけません。将来のために、ある程度の金額は残しておく必要があります。

親の援助を受けられるか確認しながら、頭金の額を決めていきましょう。頭金の額を決めると同時に、住宅ローンで借りる金額も決めなければいけません。住宅ローンといってもいろいろなタイプがあるので、まずは資料を取り寄せるなどして、それぞれの特徴を把握しましょう。

住宅ローンは、民間ローンと公的ローン、それにこの二つを組み合わせたローンがあります。それぞれに、融資条件や金利、融資可能な額が異なりますから、よく考えて決めなければいけません。特に、注文住宅の資金計画において重要になってくるのは、金利のタイプについてです。

今後の景気などによって、損をするか得をするか大きく変わってきますから、金利のタイプは慎重に考えなければいけません。申し込むときには、信頼のできる相手に相談をして、アドバイスをもらうと良いでしょう。住宅ローンで一つだけ気を付けることを挙げるなら、借りられる金額を最大限借りるのではなく、無理なく返済できる金額を借りることです。

融資可能な額が大きいと、それだけ資金計画にも余裕ができて、神奈川県に建築する注文住宅も立派になります。そのため、融資可能な最大額を借りたくなることもあるでしょう。

住宅ローンで借りる金額を大きくしてしまうと、神奈川県の注文住宅に暮らし始めたあとが大変です。返済にゆとりがなくなり、苦しい生活になってしまうこともあるので、資金計画を立てて無理のない額にすることが大切です。

Copyright© 2014 注文住宅のメリットを最大限に生かす、神奈川県の特性を知ろう All Rights Reserved.